日野 自動車 決算。 グラフ有▷日野自動車の売上高と業績推移 財務諸表の内訳を分析

自動車メーカーの4~6月期決算 9社が減収、6社が営業赤字

・米国会計基準と国際会計基準では、「経常益」欄の数値は「税引き前利益」を表記しています。 日野自体の台数・シェアも前期に比べ減少しているが、シェアは前年に次ぐ過去2番目 32. 45,136 38,095 12,728 39,610 21,237 資本 純資産 合計 資本金・資本準備金・利益剰余金など。 編集部が選ぶ関連記事• ・業績予想がレンジで開示された場合は中央値を表記しています。 111,365 75,758 86,471 47,903 95,176 投資活動によるキャッシュフロー 投資活動によるキャッシュフロー。 4%減の1万4500台。 平成29年3月期(2017年3月期) 通期決算情報 (平成29年4月27日• 7%減の549億円だった。

>

日野自動車、最終赤字80億円…コロナ禍でトラック市場急減速 2020年4

8%減)減少したが、大中型・小型トラックを合わせたシェアについては過去最高の2019年度に次ぎ、32. 決算年月日 2016年3月31日 2017年3月31日 2018年3月31日 2019年3月31日 2020年3月31日 現預金等 34,672 32,145 45,225 41,493 40,647 その他流動資産 現預金等以外の流動資産。 資本金 72,717百万円• 第1四半期はロックダウン(都市封鎖)などの影響が生産活動や販売活動に大きな影響を及ぼし、各社の連結販売台数は半減かそれ以上のマイナスとなった。 本社所在地 東京都日野市日野台3丁目1番地1• 車両の販売台数が減少するなか、トータルサポート(TS)収益についてはコロナ禍のなか、物流や人の流れを支えるため車両整備にしっかりと対応したため、ほぼ前年レベルの収益を維持したことも発表された。 日本の自動車産業・クルマ社会をウオッチしてきた佃義夫が、これまでの経験を踏まえ、業界の今後の方向・日本のクルマ社会の行方・文化のありかたなどについて、幅広く掘り下げ提言していく。 4億円 フリーキャッシュフロー Free cash flow 281. 国内のトラック・バス市場は総需要が前期比3%減の20万4,755台。 21年3月期第2四半期累計 4-9月 の連結営業損益は116億円の赤字 前年同期は327億円の黒字 に転落した。

>

自動車業界の期末決算、コロナの影響は? 日野自動車の場合

・前期比および前年同期比は、会計基準や決算期間が異なる場合は比較できないため、「-」で表記しています。 6%増)。 7%減の3003億円、営業損失106億円(前年同期は136億円の黒字)、経常損失は117億円(同115億円の黒字)、四半期純損失は80億円(同65億円の黒字)となった。 第1四半期として初の最終赤字となったホンダは、1136億円の営業損失に対して「コロナ影響の4400億円、為替影響の108億円を除くと880億円の増益」(倉石誠司副社長)と試算する。 国内売上台数は前年の排ガス規制切替に伴う駆け込み需要の反動や、新型コロナウイルスの影響により、トラック・バス総合計で前年同期比17. シェアする. 第3四半期決算情報 (平成29年1月31日• 04-06 446,156 13,604 11,543 6,573 11. 【注意】「決算速報」「個別銘柄の決算ページ」で配信する最新の業績情報は、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム TDnet において、上場企業が公表する決算短信と同時に配信されたその企業自身の作成によるXBRL 企業の財務情報を電子開示するための世界標準言語 に基づいたデータをそのまま使用しています。 13 燃料電池大型トラックの走行実証を2022年春頃より開始 アサヒグループホールディングス株式会社、西濃運輸株式会社、NEXT Logistics Japan株式会社、ヤマト運輸株式会社、トヨタ自動車株式会社、日野自動車株式会社は、燃料電池大型トラックの走行実証を行うことで合意しました。 また、業績予想がレンジで開示された場合はレンジの中央値を予想値として採用しています。

>

自動車業界の期末決算、コロナの影響は? 日野自動車の場合

1%減の5万7400台だった。 日野ブランド事業のトラック・バスの総売上台数は同35. ・「連」:日本会計基準[連結決算]、「単」:日本会計基準[非連結決算 単独決算 ]、「U」:米国会計基準、「I」:国際会計基準 IFRS 、「予」:予想業績、「旧」:修正前の予想業績、「新」:修正後の予想業績、「実」:実績業績、「変」:決算期変更• 売上高は3,000億円強の減少で1兆5,000億円、営業利益は449億円減の100億円を見通す。 そういう意味で、日野の役割は大きいのではないかと考えている」と話す。 -22,120 17,461 -9,448 20,902 -28,243 現預金等の換算差額 為替変動などによる現預金等の換算差額。 第1四半期決算情報 (平成29年7月28日• 2020年3月期 通期決算情報 (2020年5月11日• 第1四半期決算情報 (平成25年7月26日• 1972年3月森田ポンプ株式会社入社2003年4月株式会社モリタ執行役員2004年6月同社取締役2006年6月同社取締役社長2008年10月株式会社モリタホールディングス取締役社長株式会社モリタ取締役社長2015年6月株式会社モリタエコノス取締役会長株式会社モリタテクノス取締役会長株式会社モリタ取締役会長 現在に至る 株式会社モリタホールディングス取締役会長2016年2月BRONTOSKYLIFTOYAB取締役会議長 現在に至る 2016年6月株式会社モリタホールディングス取締役会長兼CEO 現在に至る 2017年4月株式会社モリタ環境テック取締役会長2017年6月当社監査役 現在に至る 2019年6月株式会社モリタ環境テック取締役 現在に至る 株式会社モリタホールディングス取締役会長兼CEO株式会社モリタ取締役会長株式会社モリタ環境テック取締役BRONTOSKYLIFTOYAB取締役会議長 決算年月日 2016年3月31日 2017年3月31日 2018年3月31日 2019年3月31日 2020年3月31日 従業員数(単独) 12,253人 12,622人 12,705人 12,935人 12,805人 従業員数(連結) 31,020人 32,111人 32,719人 34,069人 34,548人 平均年齢(単独) 36. グローバル販売台数は2019年度比3万台強の減少となる15万台を目標に据える。 いすゞも同様に台数予想を上方修正したが、両社とも業績予想への反映は見送り慎重な姿勢を示した。

>

日野自動車[7205]

7%減)と、前年同期比234億4000万円減となった。 インドネシア・アメリカをはじめとする主力市場の鈍化に加えて、新型コロナウイルス感染症の影響を受け販売台数が減少した。 645,235 688,947 770,966 763,561 711,654 固定負債 長期借入金・社債・退職給与引当金など。 クルマ業界が変貌を遂げつつあるなか、しのぎを削る自動車各社。 182位 182位 184位 174位 現預金等増減 3,104位 3,373位 211位 3,343位 3,012位 1980年4月トヨタ自動車工業株式会社入社2008年6月トヨタ自動車株式会社常務役員トヨタモーターエンジニアリングアンドマニュファクチャリングノースアメリカ株式会社執行副社長2011年5月同社取締役社長兼COO2012年4月同社取締役社長兼CEOトヨタモーターノースアメリカ株式会社取締役社長兼COO2013年4月トヨタ自動車株式会社専務役員2013年6月同社取締役・専務役員2015年6月同社取締役副社長2016年6月当社取締役 現在に至る 2017年4月トヨタ自動車株式会社取締役・副社長2020年4月同社取締役・執行役員 現在に至る トヨタ自動車株式会社取締役・執行役員EVC. ただし、「4~6月がコロナの影響を最も大きく受けた底で、7月以降はコロナ第2波の懸念はあるが、徐々に回復に向かう」(中村知美スバル社長)との見方も多い。 その一方で国内トラック・バス市場の総需要は前年同期比でも落ち込んでいるもの、日野の販売シェアでは上期として過去最高を記録したことも強調した。 設備投資や出資などに関するキャッシュの流れ。

>

日野自動車【7205】、非開示だった今期営業は96%減益へ

なお、販売台数については2023年ぐらいにコロナ前に戻ると予想。 国内売上台数では、大中型・小型トラック、バス総合計で6万6500台と前期に比べ5600台(7. 5%減の146億円に落ち込む計算になる。 13 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社 (信託口) 4. 第3四半期決算情報 (2020年1月29日• この機に会社全体、グループ全体で固定費のスリム化、在庫のミニマム化を進めたい」とした。 プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 9%減)。 2%減の4万2300台となった。

>

日野の2020年3月期決算。純利益42.7%減で314億6700万円に

販売台数は14万2500台(前期比21. 売上高は1兆8155億9700万円(前年同期比8. プラスの場合は借り入れ、マイナスの場合は返済。 第1四半期決算情報 (平成28年7月28日• プラスの場合は設備や投資有価証券などの売却、マイナスの場合は設備や投資有価証券などの購入。 第1四半期決算情報 (2020年7月29日• 未定としていた通期連結業績予想については、現時点で入手可能な情報に基づき算定し、一部を公表。 542,223 585,911 636,760 690,708 620,105 有形固定資産 建物・構築物・機械・器具備品・車両・土地など。 一般的にはプラスとなりますが、営業外収益や特別利益が多いときはマイナスになります。 営業利益については第1四半期がマイナス106億円だったことから、第2四半期単体でみれば、営業利益はマイナス11億円まで改善していること。

>