ライン 公式 アカウント 使い方。 今更聞けない!LINE公式アカウントってどんなサービス?

LINE公式アカウントのタイムラインとは?効果的な使い方と設定方法も解説

友だち登録するためには、LINE公式アカウントのQRコードをスマホで読み取る必要があります。 例えば、フリープランで無料の1000通に達したら、メッセージが配信できなくなりますので、配信の必要があれば有料プランを申し込むとメッセージの送信が可能になります。 ボイスメッセージ• 基本情報としては「PRページのタイトル」「PRページのアイコン」を設定していきます。 アカウントの削除 誤って登録した際や、以前作って放置していたアカウントなどはここで削除が可能です。 さらに、例えばクーポンを配信したとして、それがどのくらい開封されて使用されたかを確認できるので、効果測定もしやすい仕様になっています。 ) 配信数とブロック率に注意する LINE運用の注意点としては、 「配信数」と「ブロック率」 が考えられます。 特にスタンプカードやポイントカードは「カードを作っていたけれど、持ってくるのを忘れた」「なくしてしまった」などのトラブルがおきやすいもの。

>

まるで教科書!LINE公式アカウントの作り方と使い方【2020年最新】

トークできるようになれば、複数ユーザーとのグループチャットでのやり取りも可能になります。 自動応答メッセージやキーワード応答メッセージは、自動応答モードをオンにしている時に使える機能をここで設定できます。 「配信する日付や時間を自由に設定できて、大きな投資が不要」という使い勝手やコスト面もメリットに挙げられます。 分析 分析では、友だち増加の推移やブロックされた数、メッセージ配信・タイムライン投稿の詳細データ、クーポン・ショップカードの利用状況などが確認できます。 友だち登録時に自動で配信されるメッセージ設定は、「友だち追加時あいさつ」で編集可能です。 ショップカードの作成 LINE公式アカウントではショップカードを作成する事が出来ます。

>

LINE公式アカウントと無料で通話する方法|LINEみんなの使い方ガイド

この「友だち追加ボタン」が表示されたページを見かけることも多くなってきましたが、 新しいPRの場が増えるメリットがありますので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。 タイムラインの反応やメッセージのやり取りは、友だち以外も確認することができます。 YouTubeを観る、 YouTubeに出ることが生活の一部となっている人が多い昨今、プロが編集していない動画や、一般人が出演してる動画を視聴することも当たり前になっています。 店舗やスタッフの雰囲気が伝わる投稿 がオススメです。 ユーザーとの接点を作る場合は、 オペレーションも考慮してツールを使い分けすることがおすすめです。

>

LINE公式アカウントの開設|LINE for Business

ここで挙げる機能を使えいこなせば充分マーケティングとして機能しますのでこれを機にしっかり把握しておきましょう。 出典: また、ショップカードやスタンプカードだけでなく、 クーポンが発行できることもポイントです。 新規のアカウントにアプローチ出来る シェアされた投稿はそのアカウントと友だちになっていない人にも表示されます。 UPDATE 2020. ホーム ホーム全体のPV数、コメント数などを統計情報として確認できます。 1,200円(税別/年)がかかります。 無料で始められる• 上の画像のように、 ・投稿一覧 ・新規作成 ・自動応答メッセージ ・キーワード応答メッセージ ・友だち追加時あいさつ など、小さなメニューが表示されます。

>

初心者でも出来る!LINE公式アカウントで集客するためのレシピ(手順書)✨【LINEマーケティングを簡単にわかりやすく】

さらに、無料プランで使える機能も増えた 新しくなったLINE公式アカウントの最も大きな特徴は、誰でも無料でアカウントを開設し、すぐに運用が開始できる点です。 詳細な設定方法や活用法などについては、下記の記事をご覧ください。 その他「説明」「使用方法」「注意事項」などの補足を記載する事も出来ます。 せっかく集めた友だちも、ブロックされては送信したいメッセージを届けることができません。 2019年4月の情報によりますと、LINE公式アカウントマネージャーという管理画面となるようです。

>

初心者向けLINE公式アカウントの使い方【2020年保存版完全マニュアル】

「LINEコール」はこんなときに便利!• (メッセージの場合は最大3吹き出しまでは配信1カウント扱いとなります。 サービス名など 希望のLINE アカウントIDにするには、有料のプレミアムIDにする必要があります。 4:背景画像は、LINE公式アカウントのプロフィールページで表示されるものです。 Webサイトやブログ内に設置して、 ワンクリックで友だち登録が可能です。 どの程度メッセージを利用するのかによって料金が変わるので、利用する頻度や登録している友だち数からプランを検討しましょう。

>