知多 ウイスキー。 “知多”ってどんなウイスキー?【解説します】|みならいのブログ

“知多”ってどんなウイスキー?【解説します】|みならいのブログ

「飲んだ感想」 銘 柄 サントリーウイスキー知多(アルコール度数:43) タイプ グレーン 香 り 甘いバニラとバーボンを感じる爽やかな香り 味 なめらかで、蜂蜜のような甘さと若干の辛さ、それでいてフルーティー 余 韻 短めで華やか かなり好きなウイスキーです。 お気に入りのグラスにたっぷりの氷をいれます• ボトル裏のラベルに書かれた、「知多」に対するサントリーの想いはこちら。 これから夏という季節にもピッタリなウイスキーだと思いますよ。 まず、ウイスキーは製品になるまで、永い時間が必要になります。 「グレーンウイスキー(グレーン)」とは、トウモロコシや小麦など、穀類と麦芽を原料として発酵させ、連続蒸留器で蒸留したウイスキーを指します。 ウイスキーは銘柄によって香りや味わいがかなり違いますので、まずはお試し、という方はこちらがいいかと思います。

>

サントリーのウイスキー『知多』の価格は?安く購入する方法も調査

度数は43度で700mlで¥8,400となります。 ハイボールにすれば、注ぐウイスキーの量次第で濃さも簡単に調整できます。 風香るハイボールは最高 さて、そんなわけで早速知多の試飲です。 ロックも普通にうまいです。 キャップ部分は濃紺のような 濃藍という色が使われており 線上のキャップシールが 風を表現しているそうです。

>

サントリーのグレーンウイスキー『知多』のおいしい飲み方をご紹介

なんとなくイメージできるかもしれませんが、クセの強いもの同士を混ぜても、上手くブレンドできるような気がしませんよね。 ハイボールにして揚げ物といっしょにいただくのはもちろん、和食のような素材本来の味を楽しむ料理にも合うでしょう。 ウイスキーと呼べるギリギリの度数になっています。 グレーンウイスキーの蒸留所は数が少ないため、他の種類のウイスキーに比べると、製品化されることは少ないです。 「響-HIBIKI-」• 『知多』のアルコール度数は少し低め? 穏やかで軽やかな味わいが特徴の『知多』ですが、やはりアルコール度数も少し低めだったりします。 そして味わいも更にマイルドでスムースで更に程よいビターと甘みが浮き出てきて、シロップの様なさらっとした心地よい甘みを感じることができました。 国際コンペティションの受賞状況 数々の賞を受賞しているサントリーのウイスキー。

>

サントリーのウイスキー『知多』の価格は?安く購入する方法も調査

香りが立ち、蜂蜜のような甘くいい香り• 南アルプスの清冽な水は、硬度30の軟水で、これがクセのない絶好の仕込み水となりました。 「知多」が誕生したのは、2015(平成27)年。 実は、私がウイスキーに目覚めたきっかけとなったのが「白州」。 シングルモルトはよく見かけますが、まさかのシングルグレーンウィスキー、ウィスキー界には衝撃が走ったことでしょう。 これまでのウイスキーに対する価値観を否定することなく、もっと気軽に楽しめるオンリーワンな1本。 2015年当時の記録が残っていたので感想の差をまとめてみます。 サントリーにおけるウイスキーづくりの手法には下を巻くばかりですね…! 香りはナシ状果の爽やかな酸味と甘さ。

>

知多蒸留所は見学できる?見所・試飲・限定ウイスキーについて紹介

ネットでは価格がまちまちなので、うまく買い物をしなければなりません。 知多とはどんなウイスキーなのか、その特徴や、おすすめのおいしい飲み方まで紹介していきます。 メーカーとしてはハイボールをしきりに推していますが、ロックや水割りでも美味しく頂ける内容のボトルです。 シングルグレーンウイスキーという少し変わったウイスキー 参考リンク: ウイスキーといえば一般的に有名なのが ブレンデッドウイスキー。 ただならぬ気合いを感じます。 使われいる 和紙ラベルがとっても質感があってかっこいい。 とはいえグレーンウイスキーの役割的なものを感じ取れるのは楽しかったりもします。

>

知多まずくない?山崎白州の代わりに飲んだら期待外れで当たり前!

1972年創業ということですでに43年もの歴史を誇る知多蒸溜所ですが、これまではブレンドのためのグレーンウイスキーを専門に作っていたことも有り、あまり日の目をあびることはありませんでした。 いったい知多を醸造する蒸留所ではどんな工夫がされているのでしょうか。 『知多』のおいしい飲み方をご紹介 もちろんロックで飲むこともおすすめですが、知多の代名詞である『風香るハイボール』という言葉があるくらいです。 こんな感想を残しています。 2015年に誕生した、サントリーでは11年ぶりの新ブランドです。

>