マジンガー z 対 暗黒 大 将軍。 「マジンガーZ対暗黒大将軍」(1974 東映)

真マジンガーZERO

登場人物・キャスト 主要キャラクター 主人公にしてマジンガーZのパイロット。 必要に応じて会話したりすることも可能だが、この部分が逆に弱点にもなっている。 『真マジンガーZERO vs 暗黒大将軍』第5巻からの次元においても、行方不明となった甲児とマジンガーZの後を継ぐ形で、出現したミケーネ帝国と激戦を繰り広げているが、剣造の発言によると真偽は不明ながら魔神パワーはいずれも未解明で、作中でも戦闘中の損傷が再生しない等、この次元の本機は魔神パワーを搭載している描写はされていない。 魔神化以外にも、ミネルバXによってやり直された世界で、マジンガーZのデザインは微妙な変化を見せている。 根っからの武人であり、巨大な大剣を振るいながらグレートマジンガーと互角の剣技を誇る。 十蔵はマジンガーZを建造するが、甲児の指示で研究所の耐震工事を行っていたため、十蔵が死ぬこともなかった。 第1巻の時点から登場していたが、この時はマジンガーZEROのダイナミックファイヤーで地球ごと焼き消された。

>

マジンガーZ対暗黒大将軍

詳細なプロフィールは描写されていない。 弓教授をフォローして、Dr. その力によって地球が滅亡に向かう中、鉄也はさやかとミネルバに甲児の言葉を伝える。 外装は超合金Z製で、人間サイズの機械獣であれば、翼によって容易に切断できるほどの強度だが内装は超合金Zではなかったので、激しい戦闘で操縦桿が折れてしまう。 基本的に人間が搭乗して操縦する有人型であるが、本編以前の世界によってはAIによる無人操縦で運用された世界も存在する。 更に時は流れ、一心不乱に紙に数式を記して何かを計算していた甲児が発見され、保護される。 主兵装は両腕に装備されたフィンガーミサイルとZカッター。 概要 『』に登場するの総司令官で、の纏め役でもある。

>

マジンガーZ対暗黒大将軍

鉄也は回復していたのではなく、出撃のたびに死ぬことを前提に調整されていた戦闘用の量産型クローン人間だったのだ。 2014年9月19日発売• そんな滅亡の歴史を変えるため、自身の意識を何度となく過去へと送り続ける女性型アンドロイド・ミネルバX。 主兵装は顔面から発射する光子力電磁砲、両肩のミサイルランチャー、両腕に装備された槍。 特性により7つの軍団に分類されて、地上を侵攻する。 ダイアナンAで戦闘獣に立ち向かうが一蹴されてしまう。 その一方で、「Zとミケーネの間に横たわる戦力差」「死にかけるシロー」「連戦と輸血による消耗」の三重苦に苦しめられながらも、 テレビ版では手も足も出なかった戦闘獣軍団相手に必死で食い下がって数体を撃破し、 同じくテレビ版では実現しなかった鉄也との対話を果たすなど、主人公としての名誉は守り抜いた。

>

「マジンガーZ対暗黒大将軍」(1974 東映)

これを機と見たDr. ・弓教授 兜十蔵博士の遺品を調べ直し、敵の正体を突き止める。 まさにの走りとも言うべき前代未聞の交代劇であり、一大イベントだったのである。 暗黒大将軍の指令の下マジンガーZ攻略の司令長官に任命され、七つの軍団の中から選ばれた精鋭の戦闘獣達と共に出撃。 ミネルバもまた自身の意識を光子に変えて過去に戻るが、起動するとそこはいつものようにミネルバが製作された直後ではなく、兜剣造の率いる科学要塞研究所の内部、そしてグレートマジンガーとミケーネの戦いの最中であった。 関連人物 [ ] 『』に登場するの副官。 Z編』)の「サポート連載」と称して連載が開始された。

>

ミケーネ帝国 大図鑑

、、、を壊滅させた(みたいだな)その魔の手は日本にも伸びていた。 マジンガーZも、グレートから渡されたマジンガーブレードで戦闘獣アルソスを倒す。 甲児は戦闘で疲れているにもかかわらず、シローに輸血を行なう。 スパロボではこの後日談まで拾われることが多い。 Z編が終了し 未完のままのためどうなったか不明だが、序盤の1・2話を見る限りはグレートマジンガーが駆け付けるような展開。 2013年9月21日発売• 劇中終盤では甲児に首だけ「人質」にされてしまう。

>

マジンガーZ対暗黒大将軍|MOVIE WALKER PRESS

差異次元の記憶からグレートとジェネラルクラスの戦いを知っていた甲児は、居城が手薄になるこのタイミングを狙っていたのだ。 ところがグラトニオスは破壊光線でロケットパンチをあっさり破壊してしまう。 ゴードンヘル Dr. ヘルの精神はマジンガーZに潜むZEROと共闘を図り、マジンガーZEROは甲児を排除、Dr. 変わり続ける歴史の中でマジンガーZのパイロット・兜甲児は、ある時は魔神と化したマジンガーZに取り込まれ、ある時は乗ることさえもできずに何度もバッドエンドを繰り返す。 『真マジンガーZERO』の本編以前の戦闘で瀕死の重傷を負い、サイボーグボディに脳を移植するという過酷な状態であり、皮膚などの体表面は空中元素固定装置で生成されている。 口からの火炎攻撃をグレートタイフーンで返され、満身創痍のZが構えるマジンガーブレード(グレートから届けられる)で串刺しになった所を、最後はブレストファイヤーとブレストバーンの同時攻撃を受けて爆死する。

>

マジンガーZ対暗黒大将軍 : 作品情報

その姿は原作版に近い。 ジェットパイルダー 『真マジンガーZERO VS 暗黒大将軍』第6巻から登場。 博士云わく「Zが今まで魔神化しなかったのは、 いつでも倒せる存在としか認識されていなかったから」等と言われている。 初登場は。 彼は元の世界では暗黒大将軍率いるミケーネ帝国との戦いの準備を進めており、そして多次元融合でこの世界にも暗黒大将軍が現れると予想していたという。

>