鏡石 駅 から 郡山 駅。 鏡石駅

須賀川駅

島式ホームの駅舎側の 1線は廃されている。 (平成4年)4月1日:駅舎改築工事のうち、須賀川市コミュニティ施設完成、駅全面オープン。 。 7分以内• 25年以内• 15分以内• 2020 年 1月 撮影 郡山貨物ターミナル駅正門。 家具付き• 改札口付近の様子。 (明治39年):により国有化。

>

福島交通

収納スペース• 現在はこの対面が 1番線となっている。 デザイナーズ物件• 駅周囲 その他 県の中央部に位置し、全 6路線が乗り入れ、 県内の鉄道交通の要衝となっている。 床下収納 建物設備• 西口駅前の様子。 江花川• 温泉神社• 「花の町を演出するステンドグラスが印象的な駅舎」として、に選定された。 「釈迦堂川全国花火大会」開催日は臨時改札口が設けられる。 楽器相談• 貸主 カード決済• 在来線跨線橋通路。

>

駅のある風景 東日本旅客鉄道 東北本線 ⑩ (鏡石駅、須賀川駅、安積永盛駅、郡山貨物ターミナル駅、郡山駅 )

(46年):当駅に特急「」1往復が停車することとなり、特急停車駅となる(この後東北本線を走る特急列車の増発が相次いだこともあり、最も多い時期には5往復の特急列車が当駅に停車した)。 角部屋• 5km程に位置し、 東北本線の東側に接している。 システムキッチン• 郡山駅東口ロータリーより、駅舎方向を見る。 (5年):出札を簡易委託化。 (平成5年):特急「」廃止により当駅に停車する優等列車がなくなる(なお、当駅に停車する急行列車は臨時列車を除き1985年3月のダイヤ改正で消滅していた)。 駅出入口周囲は市街地となっており、近くには コンビニや飲食店もある。 駅舎は、1993年供用開始のへのアクセス駅として、1991年に駅部分が、1992年に併設のコミュニティ施設が供用を開始した、鉄骨造り2階建て延べ床面積約1,330平方メートルのものである。

>

須賀川駅

定期借家を除く• 須賀川市立第二中学校• 支所入口【降車専用】• 接続バス <東口> : 『郡山駅前』停留所 ・福島交通 15~ 65系統 ・その他、多くの高速バスが運行。 駅北側の東西自由通路より、ホーム全景と 上り黒磯・須賀川方面を見る。 ブロック・その他 位置• IHクッキングヒータ• (昭和62年):により、東日本旅客鉄道の駅となる。 種類 33,840円 通勤 1ヶ月 郡山~会津 96,440円 3ヶ月 20,160円 通学 1ヶ月 57,460円 3ヶ月 47,940円 通勤 1ヶ月 いわき~郡山 136,620円 3ヶ月 28,560円 通学 1ヶ月 81,400円 3ヶ月 28,200円 通勤 1ヶ月 いわき~小野 小野~郡山 80,370円 3ヶ月 19,200円 通学 1ヶ月 54,720円 3ヶ月• バリアフリー• 駅舎の半分は商工会の事務所となっている。 2階以上• 岩瀬鏡石店• 回数券についてはバス車内でも販売しております。 4DK• 以前はびゅう旅センターも設置されていた。 7日以内• 指定なし• 「須賀川」「須賀川営業所」停留所は、構内にある。

>

鏡石→郡山(福島)(東北本線)|時刻表|ジョルダン

地上ホーム 旧 1番線の跡。 定期借家のみ その他• 動画・パノラマ有り 更新日• (平成21年):「」の利用が可能となる。 鳥見山公園• 郡山市の中心駅であり、駅周囲はシティホテルや 商業施設が多数あり、賑やかである。 また要員不足時は郡山駅から助勤派遣が行われていた。 弘法不動の湯温泉• 駐輪場 条件• 1分以内• 営業時間は7時00分~16時30分(休止時間あり)。

>

駅のある風景 東日本旅客鉄道 東北本線 ⑩ (鏡石駅、須賀川駅、安積永盛駅、郡山貨物ターミナル駅、郡山駅 )

アパート• (20年):の駅として開業。 敷地内駐車場• フリーレント• 小野インター• 『東北の駅百選』に選定されている。 5年以内• 2番線は旧3番線である。 30年以内 駅徒歩• 直営駅時代はを管理していた。 小名浜• 一戸建て キーワード 建物構造• 即入居可• 須賀川駅長・助役が廃止される。 4LDK以上 専有面積 ~ 築年数• 東北本線下り 4番のりば中程より、下り福島・日和田方面を見る。

>