評価 経済 社会。 ソーシャル力の大きい人「しか」活躍できない評価経済社会は危険だ —— マクアケ代表 中山亮太郎

【評価経済社会】お金よりも信用の時代

まあ、そんなこんなで( ひどい)、情報革命後に新たに価値を持って流通するのは「信用」で、前時代のエンジン「金」よりも信用のほうが価値が出る理由としては、信用からは比較的簡単に金を得ることができるが、金があっても信用を得ることは難しいから。 お客様からお金をとって儲けようというモデルは無理です。 当たれば人並み以上に面白い人生です。 評価経済の中で一番ダメなのは、嫌われる人でも好かれる人でもなく、よくわからない人です。 「評価経済社会」はこのような世界を助長させてしまう世界なのではないだろうか。 が、「ぼくらの洗脳社会」のリメイクだと言っていたことは小耳にはさんでおりまして、「そっちなら読んでる!」という程度のフワッとした理解で語ることになります。

>

『評価経済社会』というすごすぎる発想

そう考えた時に私がまっさきに思い浮かべたのは「カルトな新興宗教やマルチ商法の世界」だった。 吉本隆明が死んでも世界のニュースにならないでしょう。 また産業革命によって、人は「安定」を失いました。 人としての評価がお金よりも重要になる時代はもうすぐ到来するでしょう。 それでもやらざるをえない。 例えば、ユーチューバーや有名ブロガーはかなり個人情報に近いものをさらけ出すことで一定の評価を得ている。 能力が開花されていない貧困層を考えてみる なぜラガードと低所得層を並べたかというと、組み合わせとして一番貧困・孤独状態に陥りやすいと考えたからだ。

>

『評価経済社会』での生き方を島田紳助に学ぶ

家には同じものが山のようにある。 環境問題が何らかの科学的な力で一気に解決するみたいな見通しを今でも持っている人は少ないだろう。 評価経済社会では、各々が「自分の気持ち」を評価という形で相手に与えることになる。 この時点で根底にあるものに認識の不一致が生まれてしまった。 経済も同じことだ。 こんな産業はダメに決まっている。

>

「評価経済社会」に感じる違和感と価値観の変化

ポジショントークをする人は逃げ道を持っている こういったことを踏まえずに未だにSNSフォロワー数至上主義というポジショントークをしている人や、SNS宗教みたいなビジネス塾とかを見ていると滑稽だなと。 つまりは、評価が一致しにくい物々交換の不便さを貨幣が解消したということだ。 金融業界外でもスコアリングが活用される 国内でもスコアリングを提供するサービスが続々と誕生し、金融機関が与信可否の決定に活用し始めています。 一軒一軒電話していたら大変だけど、ウィッシュリストで一瞬で流れる。 まぁいいか岡田斗司夫については。 FREEexには、12万円払って参加して、「岡田斗司夫」を作る。 「自分の子どもだから、好きだから」。

>

ソーシャル力の大きい人「しか」活躍できない評価経済社会は危険だ —— マクアケ代表 中山亮太郎

では、情報革命は? 情報産業は究極のところ、第一次産業・第二次産業に寄りかからざるを得ない。 付加価値産業は、経済的なモデルに実は向いていません。 例えば、以前だったら、本を書いたら、ファンの人がブログに感想を書いてくれたり、反論を書いたりした。 そして、「人のためになる」という目的です。 あなたのアイデアが埋もれるのは「世界」にとってもったいない —— しかし、多くの会社には「自分の熱意が伝わらない、アイデアが評価されない」と嘆く人がいます。 (実際に作中で、この通貨のやり取りが、相手の陣営に対する攻撃になっていたりします。 これが堺屋の結論でした。

>

ソーシャル力の大きい人「しか」活躍できない評価経済社会は危険だ —— マクアケ代表 中山亮太郎

「どうやったら売れるか」を1人で考えて、それに会う相方をつくる。 テーマはいくつか存在し、 ・「才能と努力」 ・「漫才の教科書」 ・「相方と戦略」 ・「XとYの分析」 ・「運と計算」 ・「心で記憶する」 ・「テレビの秘密」 などに分かれます。 でもリアルマネーの経済が停滞する。 あらゆる最先端企業では、労働時間が短いことを自慢します。 そもそも、フェイクニュースという概念の登場で、「正しい情報とは何か・判断能力とは何か」について「近代個人の自立した判断能力」というタテマエに重大な疑義を持たざるを得ない今、「正しい」よりもエモーショナルであることが情報の流通を助けることは自明だ。

>

ソーシャル力の大きい人「しか」活躍できない評価経済社会は危険だ —— マクアケ代表 中山亮太郎

これに尽きる。 評価経済社会は人のつながりを増やします。 ブリッジピープルとも呼ばれる。 なぜ、しっかりとした理解をしようとしないのか? という問いには、 「そういう本でも概念でもないという確信があるから」と返答しておきます。 (かへいけいざい, : Monetized Economy )とは、 によって商品の交換を媒介している の一形態。 中でも「アプリ開発で企業から1億円調達」というのはもはや次元が違う 笑 というか、ベーシックインカムハウス利用しなくても余裕で生きていけそうだ…w まぁそれはそれで個人の自由というものだけど、中には一番予期していた感想の記事を書いた方がいたということ。

>