森口 整形 外科。 整形外科|森口整形外科/伊丹市の整形外科・リハビリテーション・外科

森口整形外科

治療・症例数 脊椎手術 年間の手術件数は、頚部脊髄症に対する椎弓形成術などの頚椎手術を約25例、腰椎変性疾患に対する後方除圧術、髄核摘出術、後方進入椎体間固定術などの腰椎手術を約190例行っています。 (約110例) 上肢の外科手術 上肢全体の骨折、神経・血管・腱損傷などの外傷に対し、機能再建のための治療を行っています。 手術治療における工夫として、内固定材料 インプラント を使用する症例では、全例においてによる正確なインプラント設置を計画し、手術侵襲の低減・手術時間の短縮を達成しています。 ) 2011年6月、守口市北斗町で整形外科クリニックを開業いたしました。 注:第2駐車場は5月からになります。 二つ目の強みとして、大阪大学整形外科リウマチグループの拠点関連施設として大阪大学と深く連携し、特に関節リウマチに対する人工足関節置換術、リウマチ前足部の関節温存での変形矯正術は、その方法論と成績は英文論文として世界に情報発信し、評価されています()。

>

森口整形外科|伊丹市の整形外科・リハビリテーション・外科

疾患と手術 脊椎外科 腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、頚椎症、後縦靭帯骨化症、脊椎圧迫骨折、成人脊柱変形、関節リウマチ 後方進入椎体間固定術(PLIF)、髄核摘出術、開窓術、椎弓形成術、経皮的後弯矯正術(BKP)、低侵襲脊椎前方固定術(XLIF) 関節外科 変形性関節症、大腿骨頭壊死症、大腿骨頚部骨折、関節リウマチ 人工股関節置換術・再置換術、人工膝関節置換術・再置換術、人工骨頭挿入術 上肢の外科 上肢全体の外傷、関節リウマチ、変形性関節症 上肢全ての部位(肩、肘、手、指)の人工関節置換術、関節形成術、デュピュイトラン拘縮に対する酵素注射療法(コラゲナーゼ注射療法) リウマチの下肢関節外科 関節リウマチ、乾癬性関節炎 人工膝関節置換術、強度変形膝関節に対する人工膝関節、人工膝関節際再置換術、人工足関節置換術、リウマチ中後部変形にた対する変形矯正手術、リウマチ前足部変形に対する関節温存変形強制手術、滑膜切除術 外傷 各種骨折 観血的整復固定術 骨代謝関連疾患 骨軟化症、骨パジェット病、関節過可動型エーラスダンロス症候群(5型)、成人の骨形成不全症等 手術は骨折・関節破壊に対して適宜適応 主な手術件数 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 脊椎外科手術 リウマチを含む 頚椎 23件 46件 40件 30件 35件 胸椎 13件 13件 14件 6件 10件 腰椎 186件 165件 135件 126件 130件 合計 222件 224件 189件 162件 175件 関節外科手術 リウマチを含む 人工股関節置換術・再置換術 141件 134件 123件 118件 145件 人工膝関節置換術・再置換術 111件 125件 121件 98件 92件 下肢骨折手術 141件 112件 126件 94件 95件 合計 393件 371件 370件 310件 332件 上肢の外科手術 リウマチを含む 人工肘関節置換術・再置換術 11件 7件 10件 15件 7件 人工指関節置換術・再置換術 6件 18件 20件 26件 41件 人工手関節置換術・手関節固 定・手関節形成術・滑膜切除 17件 15件 6件 11件 16件 指関節固定術・指関節形成術 18件 19件 15件 11件 13件 上肢骨折手術 81件 103件 56件 46件 43件 その他(手根管、肘部管など) 71件 合計 204件 163件 107件 95件 120件 リウマチの下肢関節外科手術 (変形性関節症を含まない) 足関節(人工関節置換術、関 節固定術) 8件 22件 11件 27件 16件 前足部(人工関節置換術、関 節形成術、関節固定術) 38件 44件 45件 61件 52件 滑膜切除(手関節、指関節、 膝関節) 2件 2件 1件 2件 1件 合計 48件 68件 57件 90件 69件 特色 脊椎疾患 当センターでは腰椎変性疾患(腰部脊柱管狭窄症、腰椎変性・分離すべり症、椎間板ヘルニアなど)、脊柱変形、圧迫性脊髄症(頚椎症、後縦靭帯骨化症など)、骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折、関節リウマチ脊椎病変を中心にその手術治療を行っております。 常に技術や知識を研鑽しているからこそ一般整形外科からスポーツ整形外科のリハビリ(アスレティックリハビリテーション)までを担うことができます。 トレーニング指導 身体機能を重視した各種トレーニング機器やダンベルやバランスボール等を使用して日常生活での転倒などの予防、またスポーツのパフォーマンスを上げたい、いいコンディションを保ちたいという方のために、トレーニング指導などを行います。 当院での関節リウマチ患者の外科的治療の最大の強みは、頸椎、肩関節、肘関節、手関節、手指、腰椎、股関節、膝関節、足関節、足(踵から足趾まで)の変形のいずれに伴う機能障害に対しても高い技術力で手術ができる各専門整形外科メンバーがそろっていることです。 病気の治療方法は一つではありません。 背骨と脊髄を扱う「脊椎外科」、上肢を扱う「手外科」と「肩関節外科」、下肢の「股関節外科」、「膝関節外科」と「足の外科」、スポーツによるけがや障害を扱う「スポーツ医学」、「リウマチ外科」、腫瘍(できもの)を扱う「骨・軟部腫瘍外科」、骨粗鬆症などを扱う「骨代謝外来」と多数の専門分野があります。

>

整形外科

人工股関節置換術と同様にすべて無菌手術室(バイオクリーンルーム)で手術を行い、可能な限り最少侵襲手術にて早期離床、早期退院・社会復帰を目指しています。 2011年3月まで在職しておりました松下記念病院、整形外科では主に脊椎外科を担当していました。 祖父母から孫の代まで通院されている方々もいらっしゃいます。 さらに「」に基づいた「」、「」など先進的技術も導入し、正確で合併症の少ない安全な手術を心掛けています。 スポーツ障害や交通外傷、労働災害などに代表される打撲、捻挫、骨折などの外傷学は勿論のこと、変形性変化を伴う加齢疾患、骨粗しょう症、関節リウマチ、痛風、運動器の腫瘍など、若年から老年まで幅広い患者層を扱います。

>

森口整形外科(伊丹市

院長 阪本 厚人 ・平成元年 京都府立医科大学卒業 ・平成15年〜23年3月 松下記念病院 整形外科 勤務 (元 脊椎外科部長・リハビリテーション室 室長) 【資格】 日本整形外科学会認定 専門医・リウマチ医 日本脊椎脊髄病学会認定 元 脊椎脊髄外科指導医 (現在は脊椎手術を行っていませんので、平成28年3月31日付で指導医の資格を喪失致しました。 通院しやすい 環境・体制をご用意しております• 高齢者に対しても、全身状態を評価のうえ可及的早期に手術治療を行っています。 広々としたリハビリ室 リハビリ室は一般整形外科にある物理療法による消炎・治療だけではなく、理学療法士のリハビリテーションやトレーニング、また自主トレーニング(自費)も行える環境です。 また、リウマチ患者のすべての身体機能障害に対する手術に関する豊富な情報提供を経験豊かな関節リウマチ専門の整形外科医がおこないます。 駐車場完備 怪我をした方を連れてこられる方や遠方の方のため、クリニック前に3台、第2駐車場に8台の駐車場があります。

>

整形外科

身体の芯になる骨・関節などの骨格系とそれを取り囲む筋肉やそれらを支配する神経系からなる「運動器」の機能的改善を重要視して治療する外科で、背骨と骨盤というからだの土台骨と、四肢を主な治療対象にしています。 整形外科で相談できること 整形外科は運動器の疾患を扱う診療科です。 三つ目の強みとして、大阪大学呼吸器免疫内科学講座の拠点関連施設として10名以上いるリウマチ内科医との密な連携、さらに多職種メディカルスタッフとの連携を構築してリウマチチーム医療を推進しています。 その他、手術の低侵襲化への取り組みとして、腰椎椎間板ヘルニアに対しては、を用いたヘルニア摘出術を、骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折に対しては、を、腰椎変性疾患の中でも従来法では大きな侵襲(多量出血・長時間手術)が予測される脊柱変形などの症例に対しては、従来法にを併用したハイブリッド手術を導入しています。 屋外投球動作チェックスペース アスレティックリハビリテーションで重要な実際のスポーツ動作がチェックできるスペースがあり、走行やステップ動作、アジリティーチェックから投球やボールキックのチェックまで行えます。

>

森口整形外科

両膝疾患の患者様には、両側同時手術も積極的に行っています。 (約120例) 骨折手術 上肢・下肢の外傷による骨折全般に対し手術治療を行っています。 伊丹にて40年の診療実績 当院は先代が1980年からこの地で診療を始めました。 関節リウマチ 当院では診療科としてリウマチ科が独立しており、整形外科医、内科医が協力してリウマチ患者の全人的な治療を目指しています。 その他、小児の肘関節周辺の骨折やスポーツによる骨折も多く、月から金まで全日手術可能なことから、手術までの待機期間の短縮にも心がけています。 (約140例) 膝関節手術 末期の変形性膝関節症や関節リウマチに対する人工膝関節置換術などを行っています。

>