ヤクルト ノーヒット ノーラン。 ヤクルト小川82人目ノーヒットノーラン「気持ちで」

無安打無得点試合 (ノーヒットノーラン)

ただしこれは参考記録扱いで、達成人数には含めない。 大和選手は小川投手の高めのストレートを捉え、打球はライトを守る濱田選手の前へ。 24 南 海 神 宮 3-0 29 2 2 2 21 大 陽 1948. スコアは1-0だった。 しかし味方も0点だったために延長戦に突入。 最後のノーヒットノーラン。 先発ローテーションを守れ、大崩れすることなくイニングを稼げる投手は貴重な存在。 ノーヒットノーランを目指し9回のマウンドに上がった小川は、先頭の山下幸輝を一直、佐野恵太を一ゴロ、最後は代打・乙坂智を空振り三振に仕留め、ノーヒットノーランを達成した。

>

ヤクルト小川82人目ノーヒットノーラン「気持ちで」

22 ライオン 大 連 9-0 32 4 6 5 2度目 11 黒 鷲 1941. 日本人投手ならば1997年9月2日の石井一久(現楽天GM)以来、23年ぶり。 22 名古屋 後楽園 3-0 30 4 4 3 17 南 海 1943. 小川投手は実力はもちろん、運も味方につけて歴史的な記録を打ち立てたと思う。 16 大 洋 後楽園 16-0 28 2 5 1 48 パ10 近 鉄 1968. 通常、太陽光や照明が視界に入り打球を見失って、野手が打球を捕球できなかった場合、ヒットと記録されることが多い。 26 松 竹 大 阪 17-0 28 1 13 1 27 パ 2 近 鉄 1954. 60 1973年10月10日 ロッテ 1-0 61 1975年4月20日 近鉄 1-0 南海 制度規定後パ・リーグ初の達成。 84 2006年9月16日 中日 3-0 阪神 2人目の無四死球(1)による準完全試合。 それでも山田の今季年俸は、7000万円増で球団最高額の5億円まで上がっており、すでに球団が支払える上限を超えている。

>

ヤクルト・小川、ノーヒットノーラン達成!大矢氏「内容が濃かった」(ベースボールキング)

1958年 中日 1-1 中日 11回2死が初安打。 NPB史上最年長の完全試合(32歳1ヶ月)。 14 1942年7月18日 名古屋 2-0 阪急 後楽園スタヂアム 15 1943年5月2日 阪急 3-0 阪神甲子園球場 16 1943年5月22日 1 巨人 3-0 名古屋 後楽園スタヂアム 17 1943年5月26日 南海 2-0 18 1943年10月12日 名古屋 5-0 大和 後楽園スタヂアム 戦前最後のノーヒットノーラン。 この点においてメジャーリーグと異なる(詳細は後述)。 4回にも3点を効果的に加点するなど、マウンドの小川を助けた。

>

ヤクルト小川がDeNA戦でノーヒットノーラン! 石井一以来球団日本人投手23年ぶり

捕手の西田とどんな気持ちで抱き合ったのか。 より待遇のいいチームに移籍するのは、プロとして当たり前のこと。 14 大 洋 広 島 2-0 27 0 16 0 2度目 50 パ11 ロッテ 1969. 落ち球のコントロールもよくなっていて、試合のポイントとなるところで抑えられていることも大きいです。 そういう意味ではあと2人の場面で野手の間に落ちる当たりでヒットになった涌井投手は不運だが、実はそれ以上に不運な投手もいる。 独立リーグ [ ] 四国アイランドリーグplus [ ] では、これまで3人が達成している。

>

ノーヒットノーラン達成者一覧

50 1969年8月16日 1-0 阪急 西宮球場 51 1970年5月18日 巨人 2-0 広島 後楽園スタヂアム 初の一軍・二軍両方で達成。 「DeNA0-9ヤクルト」(15日、横浜スタジアム) ヤクルト・小川泰弘投手(30)がプロ野球史上82人目93度目となるノーヒットノーランの大記録を達成した。 47 1968年5月16日 巨人 16-0 大洋 後楽園スタヂアム 捕手が途中で変わっての達成。 小川は初回、2死から宮崎に四球を与えるも無失点に切り抜けるとリズムに乗った。 1四球のみの準完全試合。 人間誰しも間違いはあるもので、張本氏もうっかりしていたものと思われる。 3 1937年7月3日 巨人 4-0 洲崎球場 初の外国人投手による達成。

>

ヤクルト小川82人目ノーヒットノーラン「気持ちで」

最大のピンチは八回。 。 ところがわずか200万円増の9200万円に抑えられ、球団の評価が想像以上に低いことから不信感が芽生えた。 集中力と向かっていく姿勢だけを意識していました」と笑顔で振り返った。 巨人 3-0 ソフトバンク 交流戦初。 ヤクルトは今季ワースト5連敗中だったが、華々しい記録でストップした。 =金額は推定. 18 巨 人 中 日 3-0 29 2 4 2 40 セ13 阪 神 1965. チーム内からは「新人王も獲った生え抜きを、もっと大事にしてほしい」と慰留に期待する声も上がるが、ここまでこじれた信頼関係の修復には相当な労力を要する。

>